スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あと3日で世界滅亡? 古代マヤ文明の暦は、2012年12月21日で終わっている

隕石



古代マヤ文明の暦に基づく終末論。マヤ文明は、現在のメキシコやグアテマラの地域で
古代に栄えた文明で、今も多くの遺跡が残されています。そのマヤ文明の暦が、
2012年の12月21日で終わっていることから、今月21日に世界が滅亡するという噂が各地で広まっています。

3年前には、この滅亡説を題材にしたアメリカの映画が公開され、日本でも310万人の観客を動員、
終末論が広く知られるきっかけとなりました。

「世界が滅びるって話は、聞いたことありますね」(男性)
「信じていないです」(就職活動中の学生)

「信じていないですね」(就職活動中の学生)
「就職決まんなかったら、滅亡でもいいかな」(就職活動中の学生)

「マヤ文明が先進的だったことも噂に拍車をかけた」と専門家は指摘します。

「マヤ文明という新大陸の文明で、一番進んだ文明だろうと僕は思う。
その一つの特徴は、優れた暦なんですね」(人類学に詳しい科学ジャーナリスト・河合信和氏)

マヤ文明に詳しい茨城大学の青山教授も、「マヤ文明に終末論は存在しない」として、噂を否定。
世界中の研究者も、同様に終末論には何の根拠もないとしています。なぜ噂は広まったのでしょうか?

「若い人には、先が見えないという思いがある。世界が滅びると言われると、
なんとなく信じてしまう。そういう雰囲気があるんだろう」(河合信和氏)

21日まであと3日。もちろん、世界は終わりません。(抜粋)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5210913.html




前々から滅びるとか言われてましたね(汗
1999年?のノストラダムスの大予言などがありましたが結局なんにもなかったですし、今回も大丈夫でしょうと思っていますが、万が一ってのもあるんですよね;;
21日はコタツに入りながら無事を祈っています
関連記事
[ 2012/12/19 12:28 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://terette0818.blog.fc2.com/tb.php/20-222ac80f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。